名古屋市昭和区・天白区で3店舗の髪質改善美容院をやっている株式会社SARAです。

店舗情報
TEREJIA(テレジア)いりなか店
Pompadour(ポンパデュール)植田店
PompadourYAGOTO(ポンパデュール)八事店

「白髪は気になるけど明るくしたい!」「いつも同じような色になる」など、白髪染めだといろいろなカラーを楽しむには制限があるイメージをもたれている方がたくさんいらっしゃいます。確かに白髪はヘアカラーの色が入りにくく、どうしても暗めの色になってしまいます。
ですが、ご安心ください!白髪染めでもカラーでオシャレを楽しめます♪
SARAグループでは、白髪が気になる方でも透明感のある明るい髪色にできる方法がいくつかあります。今回は白髪染めでも明るくできるヘアカラー方法についてお話させていただきます。♪

白髪染めでどのくらい明るくできる?

明るくしようと思えば、どれだけでも明るくできます!と言いたいところですが髪へのダメージを考えると限界はあります。では、あまり髪が傷まずキレイに明るくできるのはどれくらいでしょうか!

現在の髪の状態にもよりますが、髪をあまり傷めず、白髪もキレイに染めつつ明るく染める場合はこのくらいの明るさが限界になります。(白髪が馴染む程度で良ければもっと明るくすることも可能です)

美容院で白髪染めをする際の失敗しやすい注意点

美容院でカウンセリングをする際に気を付けてほしい失敗例があります。
それは、「明るくしたいけど、白髪もしっかり染めたい」とどっちつかずなオーダーをすることです。そうしてしまうと思っていた明るさや色じゃなかったり、白髪も染まってない!という中途半端なカラーになってしまう恐れがあります。
このような失敗をなくすために、

明るさ・色味を重視したい場合
「白髪は不自然に目立たなければ良いので、この明るさの色にしたいです!」

白髪の染まりを重視したい場合
「本当はこの色にしたいんですが白髪もあるので、しっかりと染めつつできる限り近い色でお願いします。」

このように明るさ・色or白髪の染まり、のどちらを重視して染めたいかを担当の美容師さんに伝えると失敗もなくスムーズにいきます。

明るくする場合白髪が染まらないというわけではありません。白髪が馴染むように薬剤を調整するので安心してください♪
色や明るさを重視すると、しっかり染めた場合に比べて色落ちなどが早くなります。

白髪を明るく染める3つの方法

それではどのようにすれば明るい髪色にできるのか?
いくつか方法はありますが、

・明るい白髪染めでヘアカラー
・ハイライトを使った白髪染め
・白髪染めと普通のカラーを使い分ける

の3つがおすすめできる方法です。1つづつ見ていきましょう。

明るい白髪染めでヘアカラー

こちらの方法ですと、ダメージを最小限に抑えることができます。
白髪をしっかり染めたい場合、8トーン
馴染むくらいでいい場合、9~10トーンくらいまで明るくすることができます。

ですが、もうすでに暗めの白髪染めをされている方は明るくするのに時間がかかります。1度でも暗めに白髪染めをしている髪は明るくなりにくい髪になってしまいます。なので8トーンのカラー剤で染めても根元だけが8トーンになり、他の部分は暗いままで変わらず、根元だけが明るい状態になります。
ご自分で染められている方で根元だけ明るくなってしまっている方を良くお見かけしますがそういった事が原因です。
できるだけダメージを抑えて明るくするには徐々に根元のカラー剤を馴染む程度に明るいものにするといいです。
例えば、全体に5トーンの明るさの方が8トーンにしたい場合、

①初めは6トーンのカラー剤で根元だけ染めます
②2~3回①を繰り返し行います
③次からは7トーンのカラー剤で根元だけ染めます
④2~3回③を繰り返し行います
⑤次からは8トーンのカラー剤で根元だけ染めます

というように徐々に希望の明るさになるように根元を染めていけば、根元が明るすぎることなく全体に明るくすることができます。いきなり8トーンのカラー剤にしてしまうと根元と毛先の色の差が出てしまい不自然になってしまいます。
この場合、髪全体が8トーンになるまでに時間がかかってしまいます。ロングの方だと2、3年かかる場合も・・・

ハイライトを使った白髪染め

そんな方でもご安心ください。ハイライトを入れることで全体に明るく見せることができます。
細い束で明るさの違う色を入れていくことで、ヘアスタイルにボリュームや立体感がでやすくなります。
束の太さや本数の調整により、明るさや色味の調整ができます。
ハイライトと聞くと「派手になり過ぎる」「奇抜なカラー」「傷む」などとイメージされる方もいますが、そんなことはありません。カラー剤の調整で次第なのでむしろ、40代、50代の大人女性にこそおすすめしたいヘアカラーです。

こんな感じに自然なハイライトを入れることができます。

白髪染めと普通のカラーを使い分ける

こちらの方法はすでに白髪染めをされている方に向いています。白髪が出ているのは新しく生えてきた根元だけなので、根元だけ白髪染めをして、毛先は明るめのおしゃれ染めでヘアカラーする方法です。
そうすることで根元はしっかり白髪が染まり、毛先は明るくなるので全体に明るい髪色にすることができます。
「根元だけ暗いのは変じゃないの?」
そんなことありません。カラー剤の調整でうまく馴染ませることができます。むしろ根元が暗めの方が髪が生えてきた時に白髪が気になりにくくなります。

3つの方法のメリット・デメリットをまとめるとこうなります。

明るい白髪染めでヘアカラー

メリット

・ダメージが最小限
・時間・費用の負担が少ない
・色もちがいい

デメリット

・すでに暗めの白髪染めをしている場合、全体に明るくなるまでに期間がかかる。
・明るさ・色味の自由度が低い

ハイライトを使った白髪染め

メリット

・人とは違った新鮮なカラーができる
・奇抜過ぎず上品な艶のある髪にできる
・ハイライトの量次第でかなり明るい色にできる

デメリット

・時間・費用面での負担が大きい
・ハイライトを入れた部分は多少傷む(明るさにもよります)

白髪染めと普通のカラーを使い分ける

メリット

・色味、明るさの幅が広い
・透明感のある髪色が可能
・白髪染めで暗くなった髪も明るくできる

デメリット

・髪への負担が大きい
・色落ちが早い

まとめ

いかがでしたか?こちらを参考にして、あなたにあったヘアカラーに挑戦してみてください♪

おすすめの傷まないオイルでできたヘアカラーをご存じですか?
気になる方はこちらをチェック!!!

傷まないヘアカラーiNOAオイルカラーって何?

ヘアカラーを楽しむためには、土台となる髪のケアもしっかりおこなってあげてください♪
SARAグループでは、頭皮と髪をケアして艶のある髪に育てていく艶髪プログラムを行っています。キレイな髪はキレイな頭皮から♪ぜひお試しください♪

SARA艶髪プログラム