名古屋市昭和区・天白区で3店舗の髪質改善美容院をやっている株式会社SARAです。

TEREJIA(テレジア)いりなか店

Pompadour(ポンパデュール)植田店

PompadourYAGOTO(ポンパデュール)八事店

店舗情報は店舗名をクリックしてください♪

くせ毛をストレートにしたり、前髪をワンカール、外ハネに巻いたり、なみウェーブを作ったりと、今や色々と使えるアイテムになっているストレートアイロン♪
ネットなどで検索するとたくさんの種類のストレートアイロンが出てきますが何を選べばいいか迷いますよね?性能もそれぞれで自分の髪質にあったものがわからないというあなたに今回は髪質や長さ、なりたいスタイルに合わせたストレートアイロンの選び方を解説していきたいと思います♪

ストレートアイロンを選ぶ際に必ずチェックしておいたほうがいい4つのポイントがあります。
①髪の長さに合わせたストレートアイロンのプレートを選びましょう
②髪に優しい機能性
③使い勝手がいいものを選ぶためにチェックしたいポイント
④好みの仕上がりになるものを選びましょう

髪の長さに合わせたストレートアイロンのプレートを選びましょう

様々な大きさのストレートアイロンがあるので髪の長さや用途に合わせて選ぶのがおすすめです。ポイントは熱が出るプレート面の幅と長さです♪

ショートヘアの人は短い毛を挟みやすい極細タイプがおすすめ

標準タイプだと髪がはさみづらいショートヘアや男性のヘアアレンジには約9mm〜15mm幅の極細タイプがおすすめです。
短い髪の毛をしっかり挟んで熱を加えられるためクセづけしやすく、短い髪の毛でもクセを伸ばしたり、動きを出しやすいのが最大の特徴です。
プレートの面積が小さい分、立ち上がり時間が短いというメリットもあります。

ボブ〜セミロングの人は扱いやすい標準タイプがおすすめ

ボブ〜セミロングの人は約20mm〜30mm幅の標準サイズがおすすめです。
比較的小回りがきいて使い勝手が良く、ストレートだけでなくワンカールやウェーブなどのアレンジもしやすいのが魅力です。扱いやすいのでストレートアイロンを使ったことがない初心者の方にもおすすめです。

ロングヘアの人はワイドタイプがおすすめ・時短になり、朝の忙しい時間にぴったり

鎖骨より長いロングヘアの人や、毛量が多くてヘアアレンジに時間がかかってしまうという人には約35mm〜45mm幅のワイドタイプがおすすめです。
1度に挟める毛量が多いため、効率よく髪の毛をストレートヘアにできるます。腕も疲れにくく毎日のスタイリングが苦になりません♪
ただし、カールなどのヘアアレンジがしづらいというデメリットもあるので、あくまでストレートヘア専用のアイロンとして活用しましょう。また、アイロン跡もつきやすいのでストレートアイロンの扱いに慣れた方がいいでしょう。

1台で幅広いアレンジを楽しみたい人は2wayタイプもおすすめ

旅行先などで様々なヘアアレンジをしたいけど荷物はコンパクトにしたい!という人や、収納スペースがあまりない!という人には2wayタイプがおすすめです。
コテが中央でセパレートする標準的なタイプから、ストレートアイロンにアタッチメントをつけてカールアレンジができるようにするものまで色々なタイプがあるので自分が使いやすいものを選んでみるといいと思います。

髪に優しい機能性で髪のダメージを減らしましょう

ストレートアイロンの中にはダメージケア機能を搭載しているものも多くあります。そういったものを選んであげると髪の優しくヘアアレンジができるのでおすすめです。
具体的には、マイナスイオン・遠赤外線・オゾンなどの機能が搭載されています。
ストレートアイロンを選ぶ際はどのようなダメージケア機能が搭載されているのかチェックしましょう。

好みの仕上がりになるものを選びましょう

機種によって色々な機能があり、仕上がりを大きく分けます。自分がなりたい仕上がりに合わせてストレートアイロンを選ぶのもいいです。

しっかり挟めて滑りがいいアイロンプレートは髪が傷みにくいからおすすめ

髪の毛をしっかりつかむことができると1回で当てたいところに熱を加えられるため、熱ダメージを最小限に抑えられます。またプレート表面が滑らかだと摩擦ダメージも最小限に抑えられるので、切れ毛が防止でき、結果的にキレイに仕上がります。
また、クッション機能があるアイロンプレートなら短い毛も逃さずつかむことができるので、最低限の回数でストレートヘアを作ることができて髪を痛めにくいので、ダメージが気になる人におすすめです。
もとより特殊な素材でできたアイロンプレートなどもあり傷みにくく、逆に手触りが良くなるものもあります。高価格だったりしますがそちらもおすすめです。

柔らかくしっとり仕上がるのはスチーム機能つきがおすすめ

髪の毛に熱を与えるとどうしても本来の水分が奪われてしまいますが、スチーム機能つきなら水蒸気で水分を加えるのでパサつかず、しっとり柔らかな仕上がりになります。
スチームを出すため、使うたびに水を入れなくてはいけないのが多少手間ですが、パサつきが気になる方や乾燥する季節にはおすすめです。
逆におすすめしないのがくせが強い方、髪の毛が固い方です。良くも悪くも水分を加えてしまうのでくせが伸びきらなかったり、もちが悪くなってしまいます。くせ毛の方はよくご存知だとは思いますがくせ毛に湿気は天敵です。なので湿気の多い梅雨時期もおすすめしません。十分注意して選びましょう。

まとまり重視ならイオン機能付きがおすすめ

マイナスイオンは髪の毛がひろがる原因の1つである静電気を減少させてくれます。静電気による髪の毛のひろがりを抑えて、まとまった仕上がりに整えてくれるでしょう。

使い勝手がいいものを選ぶためにチェックしたいポイント

ストレートアイロンは毎日のように使うものなので、使いやすさも重要です。以下のポイントに注意して選んでみましょう。
1.温度設定方法・設定温度到達がわかりやすいか?
2.温度が素早く上がるか?
3.プレートがむき出しでカールアレンジがしやすいか?
4.ヤケドしないために安全性が考慮されているか?
5.旅行好きなら海外対応タイプを選ぼう。(ワット数など)
いずれも公式HPや、店頭であれば実機や外装箱を確認すれば書いてある項目ばかりなので、気になる点はぜひチェックしてみてください( ^ω^ )

まとめ

いかがでしたか?いいストレートアイロンは人によって違うということがわかります。この記事を少しでも参考にしてストレートアイロンを購入してもらえたら嬉しいです。

髪は何もしなくても様々な要因で傷んでいってしまいます。日々のお手入れや、髪質改善などのサロンケアが必要です。ストレートアイロンもそうでしたが、人によって、髪質によってヘアケア方法は違います。
SARAの艶髪プログラムで一人一人にあった髪質改善方法を見つけてみませんか?

SARA艶髪プログラム